ローカル・ガバナンス論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数328
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    社会自治

    代表キーワード

    社会

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    《コミュニティ・ガバナンスの現状と課題》
    第1章コミュニティ・ガバナンスの課題
    現在のコミュニティ・ガバナンスの課題とは何か。ローカル・ガバナンス論第12回の講義で武蔵野市の取り組みからコミュニティ・ガバナンスの今後を考えるという考察から私はこの問いに対する答えを考えることができた。コミュニティ・ガバナンスの課題は、一言でいえば「市民の自治の力量」を涵養することだと私は考える。その理由として第2章でコミュニティ・ガバナンスの現状を考察し、それを踏まえ第3章では市民らの「自治の力量」を涵養するためにどのような政策が必要かを具体的に考えていきたい。
     
    第2章コミュニティ・ガバナンスの現状
    コミュニティ・ガバナンスの現状について講義から学んだことを私自身が住む新宿区の例を加えて述べていきたい。そもそもコミュニティ・ガバナンスの元になる市民運動は日本が都市化社会から都市型社会に成熟していく過程で生まれた。まず60年代に高度経済成長の煽りを受けて住民運動が多発した。住民運動は70年代には住民運動が障害者、高齢者問題、女性の自立や福祉コミュニティなど、総合的・継続的なテーマを扱うようになる。そし..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。