博物館実習―印刷博物館評

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数285
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    感想文

    代表キーワード

    感想文

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    《印刷博物館-総合展示の考察》
    高い質の展示を来館者に提供し、より高い効果を狙って体験を設け、来館者が展示を理解する際に助けにもなる―これが印刷博物館の総合展示の特徴であると思う。展示を閲覧した際のどのような要素を根拠にこの結論に辿りついたか、以下に解説していきたい。
    まず、質の高い展示の提供という性質は展示スペースの構造上と密接に関わって生まれてきた。常設展と企画展のスペースが共同であることから本来“印刷”という抽象的なテーマから制約が少なく柔軟な方法が可能であったにもかかわらず限られたスペースという制約が生じてしまった。この問題を解決したのが緩やかな時系列を含んだテーマ別の展示という方法で..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。