アメリカ文化事情―アメリカにおけるアメリカ黒人

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数219
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    アメリカ文化歴史

    代表キーワード

    歴史

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『20世紀アメリカ文化事情』レポート 
    《もしもアメリカにアフリカ系がいなかったらどんなアメリカになっていたか―ジャズから見るアフリカ系文化とアメリカの関わり》
    諸論
    「もしもアメリカにアフリカ系がいなかったらどんなアメリカになっていたか」。この質問に対して私は「世界的に有名なジャズが生まれることはなく、アメリカのエンターテイメント面の魅力が半減していた」と答えたい。もちろんブルースやラグタイムもアフリカ系の音楽としてよく知られている。しかし私があえてジャズを選んだのは私がアフリカ系文化と聞いて初めに思いつくものがジャズだったことと、アフリカ系音楽について興味を持ち調べていくうちにジャズがその誕生から世界的に広まる過程でアメリカの社会や音楽分野と深くかかわっている音楽だということを知ったからだった。アメリカとジャズの関わりを語るためにまずは本論でアメリカの文化としてジャズが世界的に広がるまでを、その誕生から紹介したい。そして結論でアフリカ系がいなければアメリカはどうなっていたかをジャズの功績から考え、またそこからアフリカ系とアメリカの関係についても述べていきたいと思う。
    本論
    ジャズが..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。