《経済分野におけるユダヤ系アメリカ人のアメリカ文化への寄与

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数325
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    《経済分野におけるユダヤ系アメリカ人のアメリカ文化への寄与》

    諸論
    私はユダヤ系アメリカ人の経済分野における活躍がアメリカ文化の形成にどう寄与してきたか、寄与しているか、寄与していくかをここで論じたい。ユダヤ人といえば『ヴェニスの商人』に見られるように商才にたけたイメージが強いように思うがユダヤ人について調べていくうちにそのようなイメージはユダヤ系アメリカ人に対しても持たれているように思われた。むしろチャンスを平等に与えられたアメリカでは彼らがより大々的な活躍を遂げていることも考えられる。そこで彼らがアメリカで行った経済分野における活躍を中心に調べ、アメリカ文化との関連について以下の本論にまとめた。本論では時系列で彼らの活躍を紹介し、それらに考察を加え、最後に結論を述べたい。

    本論
    経済分野で成功したユダヤ系アメリカ人は一八三〇年代、第二の移住の波でやってきた中欧のドイツ語圏にいたユダヤ人で、反ユダヤ的な法律と経済的な圧迫を逃れてアメリカに着いた。彼らはまず商業に従事し、銀行業、卸売業において成功をおさめる(1)。銀行業では一八八〇年代にアメリカ投資銀行が第一回黄金期を迎えた際にウォール街にはユダヤ系の照会が多く存在していた。しかし証券業界におけるユダヤ人の影響力は大きいものではなく、目立ったものとしては20世紀初期に黄金期を迎えたクーン=ロエブ商会に限られる。クーン=ロエブ商会は有効な投資銀行としてアメリカの鉄道建設に投資したり一九五〇年の日露戦争の際、日本政府に二億ドルの貸し付けを行った。しかし今日ではもはやアメリカを代表する金融グループとはいえないのが実情である(2)。一方小売業では小売業のイノベーションを先導し、アメリカの商業界を革新した。具体的には大手デパート業界、通信販売会社、チェーン・ストア、スーパーマーケット、ショッピングセンターなどを創業し、広告やカタログといったマーケティングの手法を普及させ一九二〇年代のアメリカの繁栄に貢献している。この時期はユダヤ系の生活水準も向上した黄金期であった。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『20世紀アメリカ文化事情』レポート 
    《経済分野におけるユダヤ系アメリカ人のアメリカ文化への寄与》
    《経済分野におけるユダヤ系アメリカ人のアメリカ文化への寄与》
    諸論
    私はユダヤ系アメリカ人の経済分野における活躍がアメリカ文化の形成にどう寄与してきたか、寄与しているか、寄与していくかをここで論じたい。ユダヤ人といえば『ヴェニスの商人』に見られるように商才にたけたイメージが強いように思うがユダヤ人について調べていくうちにそのようなイメージはユダヤ系アメリカ人に対しても持たれているように思われた。むしろチャンスを平等に与えられたアメリカでは彼らがより大々的な活躍を遂げていることも考えられる。そこで彼らがアメリカで行った経済分野における活躍を中心に調べ、アメリカ文化との関連について以下の本論にまとめた。本論では時系列で彼らの活躍を紹介し、それらに考察を加え、最後に結論を述べたい。
    本論
    経済分野で成功したユダヤ系アメリカ人は一八三〇年代、第二の移住の波でやってきた中欧のドイツ語圏にいたユダヤ人で、反ユダヤ的な法律と経済的な圧迫を逃れてアメリカに着いた。彼らはまず商業に従事し、銀行業、卸売..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。