研究計画書

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,487
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    日本社会難民問題政治支援国際地域政策大学

    代表キーワード

    研究計画書難民

    資料紹介

    研究計画書

    XX大学YY学部ZZ専攻 年 氏名


    研究テーマ
    「日本における難民問題の市民社会の役割について」

    要旨
      難民問題の解決の糸口の中では、もはや国際機関、政府、市民社会のパートナーシップは無視できなくなっている。日本における難民問題が抱える課題について、現状況を打破する上でも、市民社会の役割に大きな期待が寄せられる。NGO、政府、国際社会との協働の中で、社会改善の一要因となるに十分なアクターであるといえる。社会資源を共有し、政府、市民社会、NGO等を通して、統合的なアプローチが必要不可欠となる。それに加えて難民問題は政治レベルでのアプローチの必要性も高く、非常に重要になる。今後日本は、自国における難民問題においても積極的に取り組むことによって、日本の姿勢を国際社会に示していかなければならない。本研究では、国内の難民の支援に関連するNGO団体の活動内容及び問題点について実態調査し、日本における難民の現状と、彼らが直面しているその問題を明らかにし、今後の難民政策の取り扱い方、NGO団体を含む市民社会の役割と今後の展望を考察し、日本における政府・市民社会の難民問題における役割について対応策の可能性あるいは方向性を見出すことを目的とする。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    研究計画書XX大学YY学部ZZ専攻 年 氏名
     
     
    研究テーマ
    「日本における難民問題の市民社会の役割について」
     
    要旨
      難民問題の解決の糸口の中では、もはや国際機関、政府、市民社会のパートナーシップは無視できなくなっている。日本における難民問題が抱える課題について、現状況を打破する上でも、市民社会の役割に大きな期待が寄せられる。NGO、政府、国際社会との協働の中で、社会改善の一要因となるに十分なアクターであるといえる。社会資源を共有し、政府、市民社会、NGO等を通して、統合的なアプローチが必要不可欠となる。それに加えて難民問題は政治レベルでのアプローチの必要性も高く、非常に重要になる。今後日本は、自国における難民問題においても積極的に取り組むことによって、日本の姿勢を国際社会に示していかなければならない。本研究では、国内の難民の支援に関連するNGO団体の活動内容及び問題点について実態調査し、日本における難民の現状と、彼らが直面しているその問題を明らかにし、今後の難民政策の取り扱い方、NGO団体を含む市民社会の役割と今後の展望を考察し、日本における政府・市民社会の難民問題におけ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。