週刊誌

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数170
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    日本情報女性政治医療大学通信訴訟

    代表キーワード

    訴訟

    資料紹介

    考察
    訴訟件数は各誌間には大差がなかった。三誌に共通しているのは訴訟が90年代後半から急増し、賠償金が資料の初めと終わりで2倍近く開いていることである。ただし新潮社には休刊中だが週刊フォーカス、講談社にはフライデーがあり、それらの訴訟の処理も考慮すると、総額はさらに高いものになる。また、資料こそ十分にはないが、昨年3月にも東京地裁が、週刊現代の八百長疑惑の記事に対し日本相撲協会と力士30人が講談社を名誉棄損で訴えていた件について、講談社に史上最高額の4290万円の支払いが命じられており、現在も賠償金は増加の一途を辿っているのは明らかである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ≪総合週刊誌と訴訟≫
    今回、週刊誌の訴訟について比較してみた。比較対象は‘94年から‘06年までの週刊新潮(新潮社)、週刊文春(文芸春秋社)、週刊現代(講談社)である。以下に各誌の訴訟の詳細をまとめた。
    なお訴訟の原告について明らかでない件もある。
    判決
    年月
    原告
    記事の内容
    賠償額
    (請求額)
    週刊新潮
    94・9
    鐘紡
    粉飾決算報道
    500
    00・12

    「サンディエゴ大学教授殺害事件」
    330
    01・5

    「創価学会に東村山市女性市議殺害疑惑」
    300
    01・7

    薬害エイズ事件阿部英被告を殺害被疑者とする報道
    300
    02・2

    「亀井静香議員の許永中事件疑惑」
    500
    02・10

    「日本大学法学部長解任騒動」
    200
    02・12

    「医療法人の交通事故は保険金疑惑」
    990
    03・3
    愛人とされた女性
    「菅直人民主党代表の愛人がテレビ局社員と極秘結婚」
    150
    03・5
    仮名の男性
    「ルーシー・ブラックマンさん事件疑惑の資産家」
    150
    03・5

    「薬害エイズ『ミドリ十字』の殺害容疑者たち」
    300
    03・7
    光通信
    「光通信の子会社株の暴騰は株価操作の疑い..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。