聖徳大学 通信 医学一般3

会員3,240円 | 非会員3,888円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数746
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    社会介護健康運動自立医学生活栄養治療身体

    代表キーワード

    聖徳大学医学

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    医学一般
    第3課題 第1設題
    (老化と身体変化について)老化に伴う病変について示し、それについての対応策を論ぜよ。
     老化に伴う病変は全身的に現れる。しかし、老化は個人差が大きく、身体機能ごとに衰え方も異なる。したがって、老化に伴う病変の対応策は、栄養や食事・運動などの生活習慣の見直し、老化を促進するリスクファクターを除去することで、現在の身体機能を維持し、老化現象を抑制させることが重要である。
     老化には、年齢相応の老化現象である生理的老化と、生理的な老化現象を超えて老化が進行していく病的老化がある。老化に伴う病変とは、加齢そのものが原因と考えられる疾病であり、それは病的老化によって見ることができる。例えば、皮膚は老化によって肌の水分量が低下する。それに伴い肌はハリを失い、しわやシミが出現する。これは生理的老化であり、発現時期に個人差はあるが、誰もがこのような兆候を示す。しかし、これが病的老化となり過度に老化が進行した状態になると皮膚瘙痒症となり、日常生活にも支障をきたすほどの病変を示すに至るのである。また、骨の場合では、老化によって円背や低身長という現象が現れるが、病的老化では骨粗..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。