聖徳大学 通信 心理療法4

会員3,240円 | 非会員3,888円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数134
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料に関する説明及び紹介文句を入力してください。
    (検索、露出及び販売にお役立ちます)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第4課題 第1設題
    森田療法の基礎理論および、「気分本位」「目的本位」について述べよ。
    森田療法は、森田正馬によって創始された、神経質症のクライエントを対象とした心理療法である。その治療法は症状をありのままに受け入れた上で、目的本位の行動を積み重ねていくことによって、気分本位による判断基準を改善し、精神交互作用の悪循環を断ち切り、自分に対する信頼や自己肯定感や自信を獲得していくものである。
    森田療法で神経質症の原因となる不安や葛藤は日常生活で誰もが経験し得るものと考える。例えば、人前で発表するときに緊張して顔が赤くなる、手が震える、声が震えるなどは誰しも経験をすることである。しかし、全ての人が..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。