聖徳大学 通信 心理療法3

会員3,240円 | 非会員3,888円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数138
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    レポート

    代表キーワード

    心理学心理療法聖徳大学

    資料紹介

    資料に関する説明及び紹介文句を入力してください。
    (検索、露出及び販売にお役立ちます)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第3課題 第1設題
    自律訓練法の方法、特徴、効果について述べよ。
    自律訓練法とは、心の状態と関連の深い生理的側面の変化を重視した心理療法の1つで、その効果を期待するためには、比較的長期間の継続練習が必要である。そのために自律訓練法の導入前には十分な動機づけがなされていることが重要となる。
    自律訓練法の最も基本となる標準練習は、背景公式と6段階の公式から成り立つ。その練習方法は、公式化された語句を心の中で何回もつぶやくことによって、その内容に受動的注意を行うとともに、関連した身体部位に心的留意を保つことにより、段階的に生体機能の調整を図るようにするものである。受動的注意集中とは興味、関心、努力な..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。