聖徳大学 通信 心理療法2

会員3,240円 | 非会員3,888円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数176
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    レポート

    代表キーワード

    心理学心理療法聖徳大学

    資料紹介

    資料に関する説明及び紹介文句を入力してください。
    (検索、露出及び販売にお役立ちます)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第2課題 第1設題
    クライエント中心療法におけるカウンセラーの態度条件について述べよ。また、それらの態度を身に付けるためにはどのような工夫をすればよいか。自身の考えを述べよ。
    来談者中心療法では、カウンセラー側の知識の量や権威よりも、カウンセラーの無条件の肯定的関心、共感的理解、自己一致をどう実現するかが重視される。そして、このカウンセラーの態度条件を満たすためには、カウンセラー自身が自己一致していなければならない。
    来談者中心療法では、人は本来自分で選択、決定し、責任をとることができると考える。したがって、カウンセラーはクライエントの自己実現力、成長力を信頼し、クライエントが自己解決できるように援助するのである。例えば、ある人の相談を聴いていて、初めは悲観的なことばかり言っていた人が、話しをするうちに冷静になって問題を客観的に考えるようになることがある。このとき、話をよく聴いてもらうことで、その人は冷静に振り返って自分自身を考えることができるのである。もし、「人の悪口はいけない」など道徳観やカウンセラーの価値観で応答すれば、その人が成長し自己実現できるとカウンセラーは信じていないこと..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。