教育心理学 科目終了試験対策

会員3,240円 | 非会員3,888円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数686
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    科目終了試験対策 教育心理学(A評価)
    2011年 7月版
    1、学習意欲を高める要因には、どのようなものがあるか。具体例を添えて述べよ。
     
    学習意欲を高める要因には、達成動機、内的な統制、自己効力感、自己原因性、内発的動機づけがある。
    達成動機とは、ある課題を自ら達成したいと思うことである。(Weiner, B.)
    例えば、ピアノが上手くなりたいという気持ちが学習意欲を高める。
    一方、失敗を恐れ、回避行動をとれば学習意欲は下がる。
    内的な統制とは、行動すれば、やればできることを自ら認知することである。(Rotter, J. B.)
    つまり、ピアノを練習すれば、必ず上達することを知っていることが、学習意欲を高めるということである。逆に、努力してもしなくても、結果が運や他者の統制によることがわかれば学習意欲は消失する。(学習性無力感Seligman, M. E. P)
    自己効力感とは、ある課題を達成するための努力を遂行できると認知することである。(Bandura, A)つまり、ピアノが上手くなるための努力が自分にはできると思えれば、学習意欲は高まるが、努力すれば上達するとわかっていても、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。