科目終了試験 解答例 日本国憲法⑤ 基本的人権と公共の福祉

会員2,484円 | 非会員2,980円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,012
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日本国憲法  科目終了試験 解答例
    基本的人権と公共の福祉について述べよ。
     日本国憲法第13条、公共の福祉は、基本的人権を制約するものである。
    日本国憲法第11条は「この憲法が国民に保障する基本的人権は、侵すことのできない永久の権利として、現在及び将来の国民に与えられる」として、基本的人権の不可侵性を宣言している。
    しかし、第12条では「この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によって、これを保持しなければならない。又、国民はこれを濫用してはならないのであって、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ」と定め、第13条では「すべて国民は個人として尊重される。生命、自由及..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。