女性と子どもⅡ 科目終了試験対策 解答例

会員2,484円 | 非会員2,980円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数292
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    過去問を元に作成してますが、同様の問題が出題されるとは限りません。あくまで参考文献としてご利用ください。出題傾向に変化がない場合でも、完コピはご遠慮ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    女性と子どもⅡ 科目修了試験対策
    過去問を元に作成。重要語句の説明と論述の解答例。
    1、核家族と拡大家族の形態について述べよ。
    核家族とは、最も基本的・普遍的な家族形態で、その主な形態は「夫婦と未婚の子どもからなるもの」「夫婦の一方と未婚の子どもからなるもの」「夫婦のみからなるもの」の3形態からなる。これに対し、拡大家族とは、核家族以外の総称のことで、核家族の中に夫婦の親や兄弟などが加わって構成されるものである。
    2、悪徳商法から消費者として身を守るための心がけについて述べよ。
    商品の購入はその都度、消費者の意思決定を伴っているので、消費者には正しい意思決定能力を育成することが大切であり、様々な商品を購入していく上で、買う必要があるのか、買うならばどれを選ぶかなどを十分に検討して決定することが重要である。                         
    3、多重多額債務と性別役割分業について説明せよ。
    多重多額債務とは、すでにある借金の返済に充てるために、他の金融業者から借り入れる行為を繰り返し、利息の支払いもかさんで借金が増え続ける状態を指す。
    性別役割分業とは、性別によってそれぞ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。