聖徳大学 通信 発達心理学Ⅰ 第1課題 第1設題

会員3,240円 | 非会員3,888円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,381
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    心理

    代表キーワード

    発達心理学聖徳大学

    資料紹介

    本文の「完コピ」はきっと不合格か処分の対象となることもあり得ます。レポートの設題に対してポイントがつかめない場合などに「ひとつの参考」としてご利用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1課題 第1設題
    人の発達における初期経験が及ぼす影響について論じなさい。
    動物学者のローレンツはimprinting(刻印付け)という初期経験の効果を発見した。この結果生じる事態は、不可逆的であり、後の環境は無関係であることを見出している。また、その学習が生じる期間は限られるという臨界期という概念を生み出した。これは主に鳥類に見られる行動である。人間の場合、能力獲得には社会、文化、環境などの多くの要因が関与するため、生物学的要因のみによって決定される比重は相対的に小さく、これを人間にそのまま適用することはできない。しかし、発達初期に劣悪な環境条件、とくに温かい養育関係の欠如(maternal privation)またはその喪失(maternal deprivation)は発達遅滞、その他の永続的な悪影響を及ぼす可能性がある。こういった初期経験が及ぼす影響は、出生直後から長期にわたって発達環境が極度に貧困な状況に置かれた社会的隔離児によって見出すことができる。
    彼らの隔離状況は同一ではない(単独、兄弟、一卵性双生児、聾の母親、動物など)が、救出時の状態には非常に共通点がある。テキスト..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。