聖徳大学 通信 女性と子どもⅠ 第2課題 第1設題

会員2,484円 | 非会員2,980円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数561
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    多数の人の「本を読んでもレポートの書き方がわからない」といった声に応じるため、本文の安易な「完コピ」、「まんま提出」はご遠慮ください。きっと不合格になります。あくまで、「こんな感じで、この程度書けてればいいんだな」というような参考文献としてご利用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第2課題 第1設題
    テキストの中の短編小説『海の方の子』(山田詠美)を読んで、女性と子どもに注目して、作家と作品について論じなさい。
    山田詠美という作家の特徴といえば「日本人と黒人の男女関係を描いた作品が多く、女性作家としては露骨な性描写が多い」と思う人も少なくないのではないか。かくゆう私もそういう読者の一人だった。彼女が描くエロティックな質感をもった作風が、読者に強い印象を与え、さらに「ベットタイムアイズ」でのマスメディアによる彼女自身のスキャンダラスな話題と重なって山田詠美本人に対しても同じイメージを抱いてしまいがちである。「海の方の子」はそのようなイメージをまったく抱かせない。ピュアでナ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。