聖徳大学 通信 日本国憲法 第1課題 第1設題

会員2,484円 | 非会員2,980円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数505
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    レポート支援を目的としています。したがって、安易な「完コピ」、「まんま提出」はご遠慮ください。きっと不合格になります。あくまで、実際のレポートを見て「こんな感じで、この程度書けてればいいんだな」というような参考文献としてご利用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1課題 第1設題
    天皇の権能について説明しなさい。
    日本国憲法第4条、天皇の権能とは「天皇は、この憲法の定める国事に関する行為のみを行ひ、国政に関する権能を有しない」というものである。これは、天皇は政治的に無色で無関係な形式的、儀礼的行為のみを行い、天皇が政治の領域に介入してはならないことを意味している。ここで、天皇の権能を考察するにあたり、大日本帝国憲法と日本国憲法における天皇制度の差異を確認しておきたい。大日本帝国憲法において天皇は象徴であるとともに、主権者であり統治権の総攬者であった。また天皇の地位も天孫降臨の神勅によって根拠づけられ、臣民の手に届かないところにあった。しかし、ポツダム..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。