聖徳大学 通信 自然と数理Ⅱ 第2課題 第1設題

会員2,484円 | 非会員2,980円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数194
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    通信教育に対する支援を目的としています。したがって、安易な「完コピ」、「まんま提出」はご遠慮ください。きっと不合格になります。あくまで、実際のレポートを見て「こんな感じで、この程度書けてればいいんだな」というような参考文献としてご利用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第2課題 第1設題
     問1  p、qが命題であるとき、次の複合命題の真理表を作りなさい。
    (1)  ((¬p)∧(¬q))∨(p∧q)
     複合命題((¬p)∧(¬q))∨(p∧q)の真理表を作成するにあたって、はじめに(¬p)∧(¬q)の真理表(表1)を作成した。まず、表の左上段に命題論理式の中に現れるp,qを書き込み、下段にすべての真理割り当て(T,F)を記入した。次に、p,qの論理和(p∨q:少なくとも1つが真であれば真)を求め、続いてp∨qの否定命題(p∨q が「T」であれば,¬(p∨q )は「F」であり,また,(p∨q) が「F」であれば,¬p∨q は「T」である)を作成した。
    この手..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。