2010年度 生物学 設題1-(1) 評価A+

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数442
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    環境細胞生物化学共生遺伝子進化生命地球運動

    代表キーワード

    生物学細胞遺伝子

    資料紹介

    法政大学通信教育部提出リポート
    設題:原核細胞と真核細胞について、それらの誕生も含めた相違点について述べなさい。また、その差異によって生物はどのように発展することができたのか述べなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1、はじめに
    原核細胞が地球上に誕生したのは、地球が誕生して間もないおよそ40億年前であったと考えられている。
    そしてその原核細胞が共生を繰り返すことで真核細胞は大型化、複雑化していったと言われる。
    やがて多細胞生物の登場によって菌類や植物、動物へと進化していったのである。
    今回はその中から主に原核細胞から真核細胞が誕生する過程の諸説を含めて記述し、その結果どのように発展して行ったのかを述べる。
    2、生命の誕生
    生命は地球が生まれて間もなく化学進化により誕生した。
    原始大気中の二酸化炭素やメタンシアン化水素・シアノアセチレン・ホルムアルデヒド等の無機物から放電や加圧・加熱などによってアミノ酸や糖・脂肪酸・炭化水素などの化学合成物が生成され、さらにそれらが結合してたんぱく質や核酸・多糖類・脂質などが生成され、それが集合することにより原始細胞が生成されたと考えられている。
    化学進化には4つの段階があり、原始大気から簡単な反応活性物質が生成され、反応活性物から低分子化合物が生成され、さらには低分子化合物から高分子化合物が生成され、最終的に高分子化合物が集合して原始生命が誕生する。
    3、原核細..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。