算数科教育法・試験対策の要点まとめ

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数691
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    算数科教育法・科目最終試験に向けて★科目の概要 算数の学力低下問題 → 教育内容をどう分かりやすく各児童に伝えるか?教育内容が子どもにとってどういう意味を持つのか?★学習の要点 1 算数教育の目標と評価    (1) 目標の理解    (2) 目標と評価を連動させて授業を計画する方法の理解 2 算数科の各領域の内容構成と児童理解の要点 4領域(数と計算、量と測定、図形、数量関係)と集合・論理の教育について、 (1) 各学年での指導内容の構成 (2) 児童が理解困難と考えられる点

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    算数科教育法
    科目最終試験に向けて
    ★科目の概要
     算数の学力低下問題 → 教育内容をどう分かりやすく各児童に伝えるか?
    教育内容が子どもにとってどういう意味を持つのか?
    ★学習の要点
    1 算数教育の目標と評価
       (1) 目標の理解
       (2) 目標と評価を連動させて授業を計画する方法の理解
      
    2 算数科の各領域の内容構成と児童理解の要点
        4領域(数と計算、量と測定、図形、数量関係)と集合・論理の教育について、
       (1) 各学年での指導内容の構成
       (2) 児童が理解困難と考えられる点
    (1) 算数教育の目標   
     ① 国が定める基準としての目標
       小学校学習指導要領に具体化されている。算数科の指導目標の重要な点は、「数量や図形についての基礎的・基本的な知識及び技能を確実に定着させるとともに、必要な場面においてそれらを活用できる」能力を育成することである。
       小学校の新学習指導要領における算数科の改訂の要点は,「算数的活動の充実」「数学的な思考力・表現力の育成」「活用する態度の育成」である。特に、「算数的活動」が文中から冒頭に移ることで、目標の中での..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。