ミニバンのイメージ戦略[1]

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数311
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    広告の効果について、日産セレナのイメージ戦略を例に考察を加えたもの。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ◎ミニバンのイメージ戦略
    ◆第一章 はじめに
     私がこれまで見たテレビコマーシャルで、一番印象深いのは、日産自動車のミニバン「セレナ」のCMである。それは小学生の頃に見た「モノより思い出」というキャッチコピーのCMだった。
     車という、家に次いで大きい「買い物」をさせるCMでありながら、「モノより思い出」という全く逆の主張をしていたからだ。母が「300万円もするものを買わせるのに、面白いことを言うわねえ」と言ったのが、心に残っている。
     だが今、大学生になって「消費者と広告」という授業を受け、リポートを課された際に改めて考えると、その戦略の巧みさと方向性の確かさに舌を巻く。このCMを素材に「ライフスタイルを提案して物を売る」ということを考えてみたい。
    ◆第二章 歴史的な経緯
     このCMが始まったのは1999年6月。セレナのフルモデルチェンジの時だった。
     プランナーは、当時博報堂勤務の小西利行氏。後にサントリー「伊右衛門」の商品開発からネーミング、広告キャンペーンまでを手がけ、業界各賞を総ナメにする人物。演出はこれまた「誰も知らない」「幻の光」などで国際映画賞を受賞する映画監督、是枝裕..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。