記号消費について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数344
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    記号消費について
    Ⅰ.テーマ
    記号消費とはどのようなことであるのか、またどのようにして発展してきたのかを分析する
    Ⅱ.概要
    1.消費の記号過程
    ・消費の実用的意味と象徴的意味
     消費という現象はただ実用的な意味を持つだけではなく、象徴的意味をもつ。象徴的意味はメッセージとして他者に伝えられる。
     ・消費という行為を記号として考える
     消費財は時間をかけて慣習的に形成された、消費財に内在するような意味をもつことがある。一方で、消費者が消費行為の過程で意味を作り出す場合がある。消費者は身の回りの消費財について感じることを意味づけていく。また、消費行為は他者に目撃され、その行為者の社会的地位や性格な..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。