グローバル化が進む世界で我々は周囲とどのような関係を結び生きるか hp

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数267
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    グローバル都市論 期末レポート
    Ⅰ.テーマ グローバリゼーションの時代を生きる我々が周囲とどのような関係を結び生きるか
    Ⅱ.内容
    (1)グローバリゼーションの概要
    グローバリゼーションが私たちの生活を取り巻いている。政治・経済・社会・文化などあらゆる分野でグローバリゼーションが進み、私たちは相互への依存の度合いをますます強めている。経済活動においては、国境を越えた活動がより重要性を持っており、昔のように一国だけを視野に入れて政治・経済を考えたりすることはできなくなっている。世界は様々な手段によって結ばれている。各国が他国と争うような、ナショナリズムの考えのではなくなった。地球全体を一つの単位とし、それぞれの文化の多様性を認め合い、共通の価値観を実現するといった、マルチカルチュラルでなお且つトランスナショナルな考え方が望ましいと認識されるようになった。一般的な家庭の食卓にも、はるか遠くの、且つ様々な海外の地域から輸入された食材が毎日のように並ぶ。人・モノ・情報の交流は、もう押しとどめることができない。私は、「グローバリゼーションと経済・消費」、「グローバリゼーションと貧困」について整理し..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。