舞踊論学期末レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数699
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    1.ドゥブラーの舞踊理論における舞踊教育の意義やその構成について
    2.教育における即興・創作ダンスの意義
    3.アメリカンバレエシアターのドン・キ・ホーテの感想

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    舞踊論 学期末レポート
    ドゥブラーの舞踊理論について
    ドゥブラーの舞踊理論における舞踊教育とは
     ドゥブラーの舞踊理論においては舞踊とは「審美的に評価される感情の身体表現」であるとされる。ドゥブラーは舞踊教育学の創設に尽力したが、舞踊教育は子供たちにとって舞踊が楽しくなるような実りある総合芸術経験のひとつだと説明している。舞踊教育の意義は、舞踊という手段により年齢・性別などを超えてあらゆる人に学習機会を提供すること、そして躍動感を感じる喜びを経験すること、と示している。ダンス授業の意義は、子供が自由でのびのびと自分を表現できるように身体的、情緒的、知的、精神的なエネルギーの総体であるパーソナリティを成長発達させることであるとされる。舞踊は想像力や知性、を刺激し、審美眼を育て、感情を深め、洗練させる。ドゥブラーは教育のなかに舞踊を取り入れることは、子供のパーソナリティを成長させるために必要であり、舞踊を通して子どもが自らの身体を動かす楽しみや喜びを感じることができれば、そのような経験が子供の情操を豊かにさせると説明している。
    「内なる舞踊」と「外なる舞踊」
     ドゥブラーの舞踊理論の中でキ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。