中国国民党情報戦の失敗

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数176
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    歴史情報戦争国民共産党影響原因計画自分

    代表キーワード

    歴史

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    国共内戦の情報戦において、国民党は共産党に完敗したことはすでに承知である。変幻自在の情報作戦により、共産党は内戦の最終勝利へ辿り着いた。しかし、多くの人々の視線は、郭汝槐、刘裴、熊向晖などのスーパースパイに引かれている。むろん、彼らスーパースパイの工作も重大な影響をもたらした。戦場の情勢は極めて複雑で、単なるスパイの情報だけでは、戦争の要求に応じることができず、遅れる可能性もある。ゆえに、実戦において無線電信の偵察、相手の電信コードを捕獲と解読することが主な役割を果たしている。戦場の情勢と戦争の結果に直接かかわっている。内戦が始まる前に、共産党はすでに国民党の電信コードを解読することができた。長征の途中で、共産党は何度も数倍の敵軍の包囲から脱出できるのは、郭汝槐などのおかげではない。彼らは情報を送ろうとしても、共産党のもとに届けることができまい。軍事委員会二局の電信局こそ、共産党の灯台となって、長征の正しき道を導いた。内戦に入ったら、おそらく国民党の電信コードのほとんどが共産党に知られていた。その中に、山東省で行われた孟良崮戦役はその代表である。「第74軍団は
    垛庄での道路修築により、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。