物理の世界~自由落下

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数412
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    自由落下の「落下」は文字通り、物は高いとこから下に落ちる意味である。ポイントは「自由」この二文字である。第一、落下が始まる時に物は静止の状態であり、即ち初速度は0である。もし、物に何かの初速度を与えたら、自由落下ではなくなる。第二、物は落下の途中で、重力以外の力の作用を受けていない。
    地球の引力と物が地球中心までの距離は反比であるが、地面の付近では、地球の半径は自由落下が経過した距離より遥かに長いため、地面の近くの引力は変わらないと見なしてもよい。空気の抵抗を考えなければ、自由落下の加速度は変わらない定数である。初速度は0の等速直線運度であり、その加速度イコール重力加速度gである。
     自由落下の瞬間速度の計算公式はv=gt、変位の計算公式はh=1/2·gt^2である。
     普通の場合、空気の中に自由落下体の運度速度の増加とともに、空気の抵抗もすこしずつ増え続ける。落下体を受ける重力と空気抵抗が等しくなった時、落下体は等速に落下する。その時達した最高速度は、すなわち最終速度と呼ばれている。例えば、空から降下した人はパラシュートを開かない場合、最終速度は秒速50メートル、開いた場合だったら、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。