物理の世界~タイタニック沈没の実情

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数333
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    障害安全タイ時間原因対策回避悲劇構造

    代表キーワード

    障害

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    映画「タイタニック」を最後まで見てしまった。タイタニックは安全対策にも力が入れられており、防水区画が設けられていた。船体は水面上までの高さがある防水隔壁で16の区画に区分され、そのうちの4区画に浸水しても沈没しないと設計士のトーマス・アンドリュースそう語った。隔壁はブリッジからの遠隔操作で即時閉鎖できた。そのためタイタニック号は「不沈船」として喧伝されていた。実際、船の構造は現在から見てもかなり安全なものであるともいわれている。
    夜の高速航行中に、肉眼で前方を見ることしかできない二人の監視員は氷山を発見した時点で、氷山は船首との距離はわずかで、衝突するまでの時間は何十秒しか残っていない。そこで..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。