体育社会学~努力と結果

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数161
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    日本高校理解自分漫画感想文

    代表キーワード

    感想文

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    漫画「スラムダンク」の27と28巻では、IHの二回戦、山王に20点以上の点差が付けられた湘北に対して、試合場にいる誰もが試合は山王の勝利で終ると思い込んだ。しかし、まだ湘北が勝てると信じている人がいる。それは監督の安西先生とPFの桜木花道のことである。
    元全日本の選手、高校バスケットボール界の名監督の安西先生であるが、桜木はただバスケットボール歴4ヶ月しか持っていない素人にすぎない。バスケットボールについての認識は大きく異なるが、20点以上の大差に対して2人――
    「私だけかね?まだ勝てると思っているのは。あきらめる?あきらめたらそこで試合終了ですよ?」(安西先生)。
    「おめーらバスケかぶれの常..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。