体育社会学~国に捨てられた弱者たち

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数100
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    中国経済学校スポーツ社会学校教育授業子供生徒世界

    代表キーワード

    経済

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「中国では、子供は9歳になったら、これからの進路を決めなければならない。普通の小学校と少体校(少年体育学校)のどちらかに進学する。」「9歳から12歳までの子供のために設立した少体校は、スポーツ選手になれる素質がある少年たちに入学のオファー出す。」「9歳の時、私は少体校に入学、初めて本物のバスケットボールを触った。」「両親は私を少体校に入学させるのが、自分の人生に役立つだろうと思っている。」(姚明――私の世界私の夢)。 各区と市の少体校の形はそれぞれであるが、基本的にはキャンパスで授業を行い、放課後の時間帯に練習をする。そうすると、学校教育とスポーツの練習を両立できるため、ほとんどの少体校はこの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。