情報と社会~第三の波の情報社会

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数212
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「情報」――広辞苑における解釈は、「判断を下したり行動を起したりするために必要な、種々の媒体を介しての知識のことである。」人々にとって情報は非常に重要な存在で、今だけではなく、昔からもずっとそうである。相手よりさき一歩情報を手に入れると、かなり有利な立場でああった。中国にも「知己知彼百战不怠」ということわざがあって、その意味は相手の情報と自らの情報をよく分かってくれた以上、負けることはない。でもここで、「なんで人間それぞれが持つ情報量は違う」、「情報はいつだってあるではないか、なんで第一、第二の波の社会は情報社会と呼ばれていない」こういう疑問が出てくる。
    解釈によって、情報を伝送する時には媒体というものが必要になると推測ができる。人々が持つ情報量を影響するのもこの媒体のことである。第三の波の社会の前に、媒体の技術はまだ未熟で、情報源の周りの人たちに伝送することしかできないが、第三の波の社会に入入った後、ケーブルテレビを始めに、媒体の技術は著しく発展してきた。この飛躍的な進歩の鍵を握ったのは、言うまでもなくコンピューターである。電子的な記憶を組み合わせてプログラムを作り、インプットされた..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。