民族エスニシティ~フランスとユーゴスラビアの多民族政策

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数180
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    宗教戦争問題フランス政策移民若者民族人口事件

    代表キーワード

    宗教

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    フランスは積極的に移民を受け入れたのは、19世紀以降である。労働力不足などの問題を解決するため、政府は世界各地の移民を受け入れなければならなかった。現在、フランスの人口は約6340万, 人口の約9%はみずからが移民であるか、または父母あるいは祖父母の代が移民であるという。その移民の中に、著しく増えたのは、アルジェリア、モロッコ、トルコ、そしてブラックアフリカ諸国の出身者達。今回、フランス郊外から全国に広がった暴動のきっかけは、パリ郊外で警察に追われたアフリカ出身の二人の若者が変電所の中に電撃を受けて命を失った事件である。地元の若者達は政府に抗議するために、車に火をつけて、警察との間に小規模の衝..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。