冷戦後の安全保障とリージョナリズムについて

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数159
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    アメリカ経済社会政治国際地域問題政策国家安全保障

    代表キーワード

    経済

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    安全保障
    伝統的安全保障は、軍事的に自国あるいはある集団の生存のために、国家、国益を追求し、国際協調および条約を通じて、国同士の裏切り行為を軽減した上、相互の利益を守ること。
    ソ連は自分の膨張政策により、周りの国に赤い思想を広げる。それに対してアメリカはソ連を封じ込む政策をたって、トルコとギリシャを前線として、共産主義の浸透を防止することをきっかけに起こった冷戦は、米ソ間のパワー・ポリティックスでであった同時に、資本主義・自由主義と社会主義との間の政治的正統性、経済的効率性、社会的公正をめぐる対立でもあった。資本主義陣営と社会主義陣営は、主にヨーロッパにめぐって、それぞれの安全保障を展開してい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。