比較思想概論~イスラームと西側衝突の本質

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数191
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    歴史アメリカ経済宗教社会戦争文化政治イギリス

    代表キーワード

    歴史

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    イスラームと西洋文化の衝突は長い間に続いていた。アメリカの「9-11事件」とその後アメリカが発動した世界対テロ戦争は今までの対立をさらに激しく公開化させてしまった。世界中に知らない人がいないほどの状態に達した。
    最初に今回の衝突は避けられないと予言したのはアメリカのハーバード大学の教授サミュエル・ハンチントンである。彼は1993、「文明の衝突」というテーマの論文をアメリカの「外交事務」雑誌に発表された。西側はソ連集団の冷戦が終わった後にまた西側とイスラーム文明の衝突が起こると予測した。
    「世界の矛盾の根源はすでにイデオロギーや経済力などの原因ではないから、人類は違う文化の特徴のために戦う、これは私の仮説である。民族国家は依然として将来の世界の中心である。しかし、これらの民族は新しい文化集団になりたければ、集団の間に衝突が起こるにかねない。このような衝突は全世界に広がり、将来グローバル化の大きな動向になる。」ハンチントンはあの論文の中にそう書いている。その後、ハンチントンはこの思想に基づいて、同じテーマで一冊の本を書いた。でも、彼の論点を認めない西側の学者も少なくない。西側社会はイスラー..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。