マスコミュニケーション論ー新聞世界の発展と展望

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数216
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

      
     新聞は誕生の日から今日まで、長い歴史を経っていた。紀元前60年、古代ローマの政治家カエサルはローマ市、及び国で起こった事件を白い木板に書いて、市民に伝えることが最初の新聞と言われている。1450年、ドイツ人の金属印刷技術により、印刷の新聞の発行はし始めた。1493年、ローマで発行した新聞にコロンブスの航海記事を載せた。しかしながら、当時の新聞は大事件が起こる時しかに発行しない。1609年、ドイツは真っ先に定期新聞を発行した。週刊にもかかわらず、直にヨーロッパ全土に広がった。世界初の朝刊も1660年にドイツで発行された。次に、フランスは1631年、アメリカは独立前の1704年に、ポストン郵便局がアメリカ初の新聞「ボストン通信」を発行した。時に、ヨーロッパの資本主義革命の時期に入って、新聞は各国で相次ぐ発行された上で、多くの人々に好かれて、受け入れられた。
     19世紀末から20世紀初の間、新聞は飛躍な発展を実現した。この間に、新聞の発行数は凄まじい勢いで伸びて、過去の何万部から一気に、何十万そして何百万部を越えた。読者の範囲も広くなって、各界のエリートから一番下にいる人たちまで読ま..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。