コンビニの利便性について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数465
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    二十世紀の初め,コンビニはあの時に、八百屋、電気屋、スーパーなど、様々な小売店のから発展されたものである。コンビニの全称、コンビニエンスストアというのは年中無休で長時間の営業を行い、小さなスペースでありながら多数の品種を扱う形態の小売店である。経済産業省の商業統計での業態分類に、コンビニエンスストアに関する、もっと詳しい定義がある。それは「飲食料品を扱い、売り場面積30平方メートル以上250平方メートル未満、営業時間が1日で14時間以上のセルフサービス販売店を指す」。
    コンビニエンスストアの名称は、日用に供する食品・商品=コンビニエンス商品を扱う店と言う意味であるが、実際に、単なる商品を売る店ではなく、お客さんに利便性を与える店とみなされるのは、コンビニの最大の特徴である。その利便性について、主に三つの側面がある。
    まず、コンビニときたら、人々はすぐ思い出せるのは、どこでもいつでも入れる店というイメージである。現在コンビニはほとんど住宅地や駅の周り、道路の沿線などに分布されている。つまり、大勢の人が集まっている、あるいは通っているところにある。近年、、学生とサラリーマンの市場を重視し始..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。