Googleの経営とYouTube買収

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数187
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    経営サービス商品方法株式発展自分利益

    代表キーワード

    経営

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1996年に発足したIT会社GOOGLEは、驚異な速度で成長してきた。21世紀のMICROSOFTと呼ばれていることもある。詳しく考えると、両者は確かにいくつかの似ているところがある。創始者は同じく大学に在籍している学生でありながら、一般の人々は思いつかない理念で会社を築き上げた。そして、IT業界に大きな変動をもたらして、世の中の注目を一気に集めるのが、最大の共同点である。しかし、GOOGLEは株式化になる前に、両者の違ところも明らかに示されている。それは、会社の収入源および経営方針のことである。
    WINDOWSやOFFICEなどの実体があるものを商品とするMICROSOFTと比べて、GOOGLEは実際にかなりフィクション化のサービス系の会社である。しかも、フリでサービスを提供している。MICROSOFTの方はお客さんに自分の商品をうまく売れれば、利益を得ることになる。つまり、商品の売り上げはMICROSOFTの主な収入源であって、経営方針を定める時に、お客さんのことだけ考えれば十分である。GOOGLEの場合、実体化する商品がないため、それなりの売り上げも存在されていない。会社の運営、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。