セブンイレブンの流通革命について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数441
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    厳しい株価低迷の中で、海外の投資家たちの中から、オールドジャパンは売り、ニュージャパンは買いという言葉が聞ける昨今だが、いうまでもなく前者は旧いビジネス原理によった企業や産業である。そして後者はそうした旧いビジネス原理の過去の常識をことごとく覆し、新しいロジックによって新しい時代のビジネス機会に創造的にチャレンジしている企業群である。センサスによる商業統計調査によると、全小売商店数は1982年の172万店をピークに減少を続けている。従業者規模別でみると、商店数が減っているのは四人以下の零細小売店で、82年以降15年間で、39万店減少している。一方で、中・大規模小売店は増加しているという構造変化が見られる。こうした変化の要因としては、商店街に存在していた業種店が、スーパーやコンビニエンス・ストアなどの各種商品小売の業態店との競争に対応できず廃業したことや、商店主の高齢化や後継者不足のために廃業する店が増えていることが考えられる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    厳しい株価低迷の中で、海外の投資家たちの中から、オールドジャパンは売り、ニュージャパンは買いという言葉が聞ける昨今だが、いうまでもなく前者は旧いビジネス原理によった企業や産業である。そして後者はそうした旧いビジネス原理の過去の常識をことごとく覆し、新しいロジックによって新しい時代のビジネス機会に創造的にチャレンジしている企業群である。センサスによる商業統計調査によると、全小売商店数は1982年の172万店をピークに減少を続けている。従業者規模別でみると、商店数が減っているのは四人以下の零細小売店で、82年以降15年間で、39万店減少している。一方で、中・大規模小売店は増加しているという構造変化が見られる。こうした変化の要因としては、商店街に存在していた業種店が、スーパーやコンビニエンス・ストアなどの各種商品小売の業態店との競争に対応できず廃業したことや、商店主の高齢化や後継者不足のために廃業する店が増えていることが考えられる。
    日本には1970年代にコンビニエンス・ストアが登場。中でも最大手のセブン‐イレブン・ジャパンは創業わずか二十年余りにして、我が国の流通業界の利益額ナンバーワンの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。