企業システムのアーキテクチャ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数290
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    昨今のICTやデジタル化の進展は、異なる技術の融合化や異なる産量を横断した製品・サービス開発やビジネスモデルの構築の必要性を高めている。これまでの技術イノベーションは専門知識を深く追求し発展してきたが、従来にない新しい発想の新製品・新サービス開発ではある分野の技術がほかの分野の技術と融合することで実現していくケースが増大していく。このために企業は継続的な環境変化の中で、絶えず新しいポジショニングを意図的に形成し新たな価値創造を生み出していくべくダイナミックな戦略経営は実務家にとって日々重要な課題である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    テクノロジー・マネジメントA レポート課題
    昨今のICTやデジタル化の進展は、異なる技術の融合化や異なる産量を横断した製品・サービス開発やビジネスモデルの構築の必要性を高めている。これまでの技術イノベーションは専門知識を深く追求し発展してきたが、従来にない新しい発想の新製品・新サービス開発ではある分野の技術がほかの分野の技術と融合することで実現していくケースが増大していく。このために企業は継続的な環境変化の中で、絶えず新しいポジショニングを意図的に形成し新たな価値創造を生み出していくべくダイナミックな戦略経営は実務家にとって日々重要な課題である。
    戦略経営のダイナミックプロセスをとらえる視点として、企業を取り巻くダイナミックな環境変化に適合した企業システム、リーダーシップのダイナミックな変化を研究者や実務家は注意深く考察していく必要がある。環境と企業システム間での境界、つまり企業境界は環境との関係性や企業のビジネスモデルを定義する。環境の変化は企業境界の変化をもたらし、同時に企業システム内部個々の経営要素にも影響を与えることになる。逆に企業システム内部の個々の経営要素の能動的な変化は企..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。