会社選びのポイント

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数106
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    作家の黒井千次は、入社してからの生活上の一大革命について、四つ挙げている。
    一つは、猶予のにおいの付きまとっている学生から、稼ぐことと支払うことのバランスを自分で取らなければならない生活者となったこと。 第二に、時間の自由を失う。朝早く起きて夕方まで自分の時間が無くなる生活に入ること。 第三に、人間関係の自由を失うこと。企業に入ると、嫌いな人間とも付き合わないとならないのである。 第四に、住む土地の自由も失うこと。事業所のあるところならどこへでも行かなければならない。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    人的資源管理論A レポート課題
    作家の黒井千次は、入社してからの生活上の一大革命について、四つ挙げている。
    一つは、猶予のにおいの付きまとっている学生から、稼ぐことと支払うことのバランスを自分で取らなければならない生活者となったこと。 第二に、時間の自由を失う。朝早く起きて夕方まで自分の時間が無くなる生活に入ること。 第三に、人間関係の自由を失うこと。企業に入ると、嫌いな人間とも付き合わないとならないのである。 第四に、住む土地の自由も失うこと。事業所のあるところならどこへでも行かなければならない。
    就職する理由は、いろいろあるが、マルクス経済学でいえば、自分の働く労働力を売って、収入を得ることが必要であると考えられる。このように働く側は、自分たちの利害から働こうとするが、それでもどんな仕事でもよいというわけではない。良い会社とはどのような会社なのか。
    まず、1989年に出た日経ビジネス編の良い会社に良い会社度を測る十項目を挙げてみる。
    専門能力 プロとして通用する能力が開発できる
    評価内容の公開 社内での自分の実績がわかる
    サービス残業 時間外労働には対価が払われる
    自発性尊重 社員..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。