幸福と理性の関係

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数274
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     幸福と理性の関係について述べよ
    1、幸福と理性の関係について
     「幸福とはどんな時か?」や「幸福とは何だと思うか?」と人に尋ねれば、「宝くじが当たった時」や「家族で楽しく食事をしている時」などの百人百色の答えが返ってくるだろう。
     そして、それらの答えに共通して言える事は、お金、健康、人間関係やスポーツ等の活動、大会での優勝や学問的な成果、生理的欲求等が満たされた時といった要素と、「うれしい」や「満足」といった感情の2つの要素が必要であると言えるだろう。
     すなわちスポーツの大会に負けても、その大会に出場できた事に対して「うれしい」や「満足」だと思えるのであれば、幸福であると言えるのではないだろうか。
     今回は、エピクロス、ストア派、アリストテレス、カント、以上4人の幸福論を考えてみようと思う。
     
    2、エピクロスの幸福論
     エピクロスの考える幸福とは、幸福=快=善であるという考え方である。
     しかしエピクロスの考える快は普段私達が考える快楽とは違いアタラクシア(atra-xia)
    と呼ばれる状態である。
     アタラクシアとは、精神的な苦痛が無いことと、心が平静であるということで、エピ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。