健康スポーツ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数362
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     
     有酸素能力とは、身体がどれだけ、酸素を利用する有酸素系代謝過程を使用してエネルギーを作り出すかという能力であり、有酸素能力が高い者ほど、長く力強い運動を行うことができる。
     一般的に持久的な運動の競技者は有酸素能力が高い。
     酸素摂取量は身体が酸素をどれだけ利用できたかをあらわす指標である。
     一般的な概念は、酸素摂取量(VO2)=換気量(VE)×(吸気酸素濃度-呼気酸素濃度) の式であらわされる。
     最大酸素摂取量は酸素摂取量の最大値である。一般人では体重45~50ml/minである。
     マラソン選手では体重当たり65~70ml/minにもなることが報告されている。
     人は呼吸によって..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。