法学 1,200文字レポート「不合理な差別の禁止について」 下書き 終わり

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数199
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

       「不合理な差別の禁止について」
     「平等」原理は民主主義の基礎をなすものであり、そのため、近代憲法は、おしなべて「自由」と並んで、「平等」の保障を不可欠の要素としている。日本国憲法も、その14条1項前段で、「平等」主義の大原則を宣言し、続いてこれを具体化するために、貴族制度の廃止(14条2項)および栄典に伴う特権の禁止(14条3項)を規定している。憲法の定める「法の下の平等」とは、単に「法の適用の平等」のみならず、不合理な差別を内容とする立法を禁止することの趣旨も含まれている。
     「平等」原則は立法権を拘束すると考えられる以上、憲法14条1項に列挙された「人種」、「信条」、「性別」、「門..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。