生涯発達心理学 3,200文字jレポート「社会環境と発達病理について述べよ」 清書 終

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数341
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

       社会環境と発達病理について述べよ
     はじめに発達障害について述べる。発達障害とは、精神遅滞、脳性まひといった神経学的異常に起因する障害である。これは子どもの時期に発生し、その後も継続することが予想され、生活する上で重大なハンディキャップとなる。先天的な障害と環境によってもたらされることとは別なものである。発達障害といわれるものの多くは神経学的、つまり先天的な原因によるものであるが、これらを見分けるのは困難である。先天的な障害の例を挙げると、「自閉性障害」や「学習障害」がこれにあたる。
     「自閉性障害」とは、対人相互交渉(他人とのやりとり)、対人意思伝達に用いられる言語(話し言葉)、象徴的または思想的遊びの3領域における機能の障害がある。それが3歳以前に始まっている障害である。また、「学習障害」とは、基本的な知的発達に遅れはないが、聞く、話す、読む、書くなどの学習の基礎となる能力のどこかに、その習得や活用面での困難をまねきやすい障害である。
    次に、現代の社会環境に原因があると考えられる発達病理について述べる。
     現代における社会環境は、豊かであることが挙げられる。ここでいう豊かとは..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。