児童心理学 3,200文字レポート「家庭と地域社会における保育のありかたについてのべよ」 清書 終り

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数274
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

       家庭と地域社会における保育のありかたについてのべよ
     まず、家庭の変化と子どもへの影響について述べる。
    家庭は、子どもが生まれて初めて接する社会である。子どもは、家庭を中心として社会に適応するための知識や技術、社会のルールを学びながら成長していく。いわゆる「社会化」である。
     子どもがうまく社会に適応できるかどうかは、家庭の教育力にかかっている。家庭の教育力は、子どもの成長にとってきわめて重要な位置をしめているのである。しかし近年、この家庭の教育力が著しく低下していると言われている。
    かつて、日本の家庭といえば、祖父母、父母、子どもたち、場合によっては曽祖父母という大家族で成り立っていた。子どもたちは、そこで働いている大人たちの姿を見たり、兄弟間でけんかをしたり、遊んだりしながら人間関係や役割分担を自然に学ぶことができた。
     しかし近年においては、子どもが人間関係や役割分担を学ぶ機会も少なくなっている。その要因は、両親と子どもだけで成り立つ核家族が多くなったり、少子化の影響で兄弟数も減っていたりすることである。
     また、以前は農業など自営業が主流であったため、両親が働く姿を身近な..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。