アメリカ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数85
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     オランダでは、少し前から安楽死、尊厳死が合法であるとされている。死が近い患者は、医者や親族に相談し、治療を止める権利を持っている。これによって人生を短くするかもしれないが、苦しみを最小にすることができる。
     ミシガンの医師、ジャック・ケボキアンは、アメリカにおける「死ぬ権利」運動について、最も知られている人物である。
     彼は、末期患者が自らの意思で死を迎えられる機械を作り上げた。1990年以来、ケボキアンは100人以上の尊厳死を手助けした。「自殺幇助」と呼ばれたこの行為は、アメリカ中で大きな議論を引き起こした。
     これについてケボキアンは、重病で苦しんでいる人が、耐え難い痛みを自らの意志で取り除くことを手助けしていると述べている。
     しかし、多くの人々はこの行為に対して反論し、ミシガン州の当局では彼を「連続死刑執行人」と呼んだ。
     余命が短い人は、自ら死を選ぶ権利を持っているのであろうか。医者は、何があろうとも命を支えなければならないと誓うが、患者の生命の終わりを手助けするのは、倫理にかなうのか。
     死の判断は誰がするのだろうか。患者か、医者か、患者の家族か。
     批評家はケボキアンを..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。