実習発表 社会福祉実習に臨むにあたって

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数765
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     社会福祉実習に臨むにあたって、現場の現状と課題についてまとめなさい。
    ・医療福祉関係施設について
     初めに医療福祉関係施設とは、保健・医療にかかわる社会福祉のことであり、傷病を抱える人々とその家族を主な対象とし、傷病に起因するさまざまな社会生活上の困難を解決・軽減・予防するための制度・施策および実施をさす。その実践活動を担う専門職は「医療ソーシャルワーカー」と呼ばれている。
     社会福祉法制定の際、医療ソーシャルワーカーについては別の国家資格制度を設けるものとされ、資格制度化が見送られた。その後、様々な論議がなされているが、現在もなお資格制度は未確立である。しかし、2006年4月以降、診療報酬点数表に「社会福祉士」の名称が登場し、病院・診療所が「社会福祉援助技術現場実習」の指定施設に加わる等の動きがある。
     実際は、現在の日本の福祉関係法規上、公式には「医療福祉関係施設」という施設の名称や分類は存在しない。医療福祉の実践は、病院などの保健・医療活動を行うことを目的とする施設・機関を中心に展開されている。これらの施設・機関では、社会福祉法に規定される施設と異なり、社会福祉サービスの提供を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。