社会保障論 3,200文字レポート「医療保険制度の概要について」清書 終

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数279
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

      医療保険制度の概要について
     医療保険制度とは疾病やけがという不確実な事故に備えて、危険負担を集団で社会的に行う仕組である。個人では、負担できない危険について、集団で平均化しようとする社会的なシステムである。
    我が国では、国民皆保険の仕組が原則となっており、所得に応じて保険料が徴収される。日本に住んでいて働いている人は、誰もが皆、公的な医療保険に加入する。しかし、病気になる人とならない人との公平性の確保や乱受診の防止のため、患者には一部負担が設けられている。 2.医療保険の概要 (1)内容と目的我が国の医療保険制度は、昭和36年以降国民皆保険体制をとっている。国民の誰もがいずれかの医療保険制度に加入することになった。その制度を大別すると、サラリーマンを対象とする健康保険制度(職域保険)と農業・自営業者等を対象とする国民健康保険制度(地域保険)の二つに分けられる。さらに健康保険制度には、主に中小企業のサラリーマンを対象とする政府管掌健康保険(政府が保険者)と主に大企業のサラリーマンを対象とする組合管掌健康保険(組合が保険者)のほか、船員を対象とする船員保険、公務員や私立学校教職員など..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。