社会福祉援助技術各論Ⅱ 3,200文字レポート「集団援助技術(グループワーク)についてまとめよ」清書 終

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数309
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

      集団援助技術(グループワーク)についてまとめよ。
     初めにグループワークとは、1949年アメリカのグループワーカー協会(AAGW)において定義された。
     集団援助技術(グループワーク)とは、直接援助技術のひとつであり、「個人」と「グループ」を常に焦点におきながら専門的方法に基づいて直接働きかけることで、利用者の生活課題の解決と緩和を図る援助技術である。
    グループワークを、歴史的発達から考えて述べることとする。
    集団援助技術の起源
    集団援助技術の起源は、19世紀の英国におけるグループ活動にあるとされる。当時の英国では、産業革命後の産業や経済の発展の裏で、失業・貧困・労働・住宅・非行・犯罪等の社会問題が多発していた。それらの解決に取り組んだ民間活動の1つが、1884年のトインビー・ホールに始まるセツルメント運動である。ロンドンのスラム街に大学の教員や学生が移り住んで、地域住民とともに社会改良活動を展開する中で、労働者教育・聖書研究・レクリエーション活動などの集団活動を取り入れたのが、集団援助技術の原型と考えられる。また、YMCAやYWCA等のキリスト教活動なども、今日の集団援助技術につ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。