社会福祉援助技術各論Ⅱ 3,200文字「集団援助技術(グループワーク)の展開過程についてまとめよ」清書 終

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数181
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

      集団援助技術(グループワーク)の展開過程についてまとめよ
     集団援助技術(グループワーク)の展開過程は、通常「準備期」「開始期」「作業機」「終結期」の4つの段階に分けて考えられる。効果的な集団援助技術を実践するため、念入りな準備を行った上で援助を開始し、援助の過程で発見された問題を解決するための作業を行い、最後に次の段階の活動を考えて、まとめをして、終結するという一連の過程である。この4段階を繰り返しながら、集団援助技術の目標を達成していくのである。また、何回かにわたって繰り返される集団援助活動の1回1回の中にも、同様にこの4つの段階が含まれているということも見逃してはならない。
     1、準備期
     準備期とは、援助者が利用者たちへの接触を始めるためのいろいろな準備をし、利用者たちに予備的な接触を始めるまでを指している。
     (1)職員全体との合意
     援助者は、集団援助活動を開始する前に、同じ施設・機関に属する職員全員に、この援助の意義を理解させておく必要がある。つまり、これから始まる集団援助活動は、援助者が個人として行うのではなく、施設・機関が行う援助活動の一環として、この担当者が担当..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。