教育心理学 3,200文字レポート「子どもの個人差についてのべよ」 清書 終

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数462
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

      子どもの「個人差」について述べよ
     「個人差」とは、人それぞれの差(違い)である。我々人間はみな、個性を持っており、外見が異なるように内面も異なり、これは生まれたばかりの赤ちゃんから高齢者に至るまで、人間である以上全ての者が持ち合わせている。
     個人差が生じる要因は「遺伝」によるものなのか、「環境」によるものなのか、長い間議論がなされ研究が進められているが、人間の行動に見られる個性の起源は想像以上の早期にあり、誕生して間もない頃にまで遡る。しかし、その後どのような環境で育まれるかによって、大きく影響されることも事実であり、両方の要因が作用していると言うのが、近年明らかにされている見解である。
    個人差は子どもの発達において非常に重要である。子どもを教育する上で必ず考えなければならないものである。教育を行う上では能力がどこにあるのかを見つけ個々の能力を伸ばしていく必要があるであろう。又、育った環境でも、個人差は現れる。一人っ子や兄弟の兄、弟によってかなりの差がでるだろう。
     では、そのような誰もが違う性格を持ち、体格の差があるなかで効率的な教育を行うとともに楽しい学校生活を送るにはどう..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。