法学Ⅱ 3,200文字レポート「法律行為の瑕疵について述べよ」清書 終

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数219
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

       法律行為の瑕疵について述べよ
     民法とは、私たちの生活において密接な関係があり、物を買ったりあげたり、などの行為は全て民法が適用されているのである。
     民法において何かしらの行為を行うとき、意思表示というものが非常に重要である。意思表示とは、一定の法律効果に向けられた意思の外部への表明をいう。民法に関わる裁判ではこの意思表示があったかどうか、その真意はどうなのかを重視する。それによって不法行為であるか、また、契約が成立しているかを判断するのである。
     つまり、これらの意思表示が合致することで契約が成立しているのである。契約とはいわば約束事であり、物を買うという行為の中にも買い手と売り手のなかで契約し、それにもとづいて料金を払い、物をもらうという関係が存在する。この場合、買い手の買いたいという「申し込み」と売り手の「承諾」の意思表示が合致することで契約が成立しているのである。
     また、上記のような行為を法律行為という。法律行為とは、私法上の権利の得喪変更を生じる合法的行為であり、前提として、法律行為が有効に行われるためには、契約や遺言をしようとする人に、「物事を合理的に判断するだけ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。